Frequently asked questions

今までシロアリのことを気にしたことがありませんでした。本当に気をつけた方がいいのでしょうか?


日本の高温多湿の気候は、シロアリにとって住みやすく特に木材家屋はシロアリにとって格好の餌となります。
一旦シロアリが目を付けた家屋は、あっという間に食害されて行きます。
最初は床下から被害が始まることが多いので、なかなか気づきにくく、羽アリなど、シロアリを目にするようになった頃には繁殖が進んでいて被害も大きくなっていると考えられます。また、シロアリは蟻道を作って地中から這い上がってくるので、土台がコンクリートの家屋や、2階でも安心できません。




シロアリはどこに潜んでいますか?


シロアリは土の中に、女王蟻を中心としたコロニーと言われる巣を作り、働き蟻である職蟻が餌となる木を求めて広く徘徊します。餌場となる木材や家屋を見つけると、巣と行き来しやすいように蟻道を作って餌を運び、巣を拡大させていきます。また、一軒の家の中や周囲に複数のコロニーが存在することもあります。巣を除去しない限り根本的な解決にならないため、シロアリ駆除業者による調査をおすすめします。




お風呂場で羽アリをたくさん目撃しました。シロアリですか?


シロアリは繁殖期になると、一部が羽アリとなって新しい住処を求めて飛び立ちます。家屋が被害にあっているか、または近所にシロアリがいると考えられます。




自分で防除できますか?


シロアリの被害は、目につかないところで起こります。完全に防除するには、シロアリの生態を知ること、建物の構造を把握すること、薬剤の知識、防除の技術があることなどが不可欠です。また防除のための器具も必要となりますので、専門の業者に依頼するのが良いでしょう。




隣家がシロアリの被害にあったそうです。うちも防除した方がいいでしょうか?


シロアリの地中の行動範囲はかなり広く、一軒で被害がでたとしたら、近隣の家も気をつけた方がいいでしょう。





Where the triangle comes to meet and compete